社員インタビュー:第2ビジネス・ディビジョン アートディレクター 星野小夜子

私の仕事

3Dキャラテクスチャのデザイナーとして入社し、キングダムハーツ開発チームでゲーム制作の基礎を学んだ後、DISSIDIA FINALFANTASY グラフィックディレクター、ファイナルファンタジー零式 セクションリーダー、その関連作品であるFFアギトのアートディレクターを務めました。
現在は新作タイトルのアートディレクターとして、絵の方向性や魅せどころを起案し、それをデータとして量産するための技術や手法を定めていく仕事をしています。
具体的には、コンセプトアートやキャラクターデザインを起こし、実際のゲームデータのグラフィック全般・・・2D、3D、背景、エフェクト、UI、演出などを、横断的にチェックし、指示出しをします。

仕事の醍醐味

新しいものをゼロから創る…!
その実現のためには、大勢のスタッフと協力しあって挑みます。スクエニにはプロフェッショナルな人材がたくさんいて、自分ひとりの力だけでは叶えられない、巨大なパワーを持ったコンテンツを創ることができるのです。
それが世に送り出され、お客様から「楽しかったよ!」という反響を頂いた時が、最高に嬉しい瞬間です。

1日のスケジュール例

出社
まずメールチェックと、タスク整理。タスク整理をする際は、本日のToDoをポストイットに書き出していきます。
その後、第2ビジネス・ディビジョンに所属するアートスタッフの定例ミーティングで、プロジェクトをまたぎ、大きな案件の共有を行います。
例えば、新作ゲームの宣伝方法やタイミング、タイアップ企画、グッズ展開の企画などが様々なトピックスが議題に上がります。
協力会社データチェック
協力会社から上がってきたあらゆるグラフィックデータを確認し、手直しをしたり、参考資料を送ったりして、フィードバックをします。
昼休憩
勉強がてら他社さんのゲームを遊びながらランチを取ったり、
ランチ中に他プロジェクトのメンバーと情報交換を行います。
アート実作業
背景、キャラなどイラストの作業や、キャラクターの倫理チェック、法務確認など。
自身のアート実作業の合間に、午後も協力会社からのデータチェックを挟みます。
協力会社訪問
協力会社を訪問し、ゲームの企画会議や、デザイナー分科会、実データのチェックと指示出しを行います。
また、作業フロー・スケジュールの確認、直近の目標・締切設定を行います。
退社
外出先からそのまま直帰することもあります。
メッセージ
やっぱり面白いものを作る人たちって、その人自身がすこぶる面白いです。
変な知識が豊富だったり、不思議なものを愛していたり。しかも、中途半端でなく突き抜けちゃってて、そのための研究に労力も惜しまない。
この会社で面白いことをしたいという想いがある人と、ぜひ一緒に仕事をしたいです!